光脱毛のデメリットとメリット

光脱毛のデメリットとメリットを知っておきましょう

光脱毛のデメリットは、脱毛の効果が少ないところです。個人差はありますが、光脱毛の場合、脱毛効果はすぐには表れません。1本ずつムダ毛を処理するニードル脱毛と違い、毛根に何度も光をあてながら毛根を破壊する脱毛法なので、脱毛効果を実感するまでにはかなり時間がかかります。しかし、それを上回るメリットが光脱毛にはたくさんあります。スピーディーで安全で痛みが少なく、値段が安く、肌もキレイになり、美白効果も得られます。そして、光脱毛なら、広範囲を短時間で施術することができます。また、それぞれにあったきめ細かな対応と調整ができます。光脱毛では、個人それぞれの毛質、肌質、肌色、日焼けの度合いなどに合わせ、施術できるので、肌を傷めず、またレーザーより痛みが少なく脱毛できます。1回の照射で、幅広い波長の光を当てるので、約100本ものムダ毛を瞬時に脱毛できます。レーザーは同一波長で同一位相の直進性が強い光線なのですが、光脱毛は、複数波長を持つ混合光なので、レーザーより安全性も高いです。光脱毛は値段も安く、施術すれば肌がツルツルになり、美白効果も得られるので、試してみる価値はあります。

なぜレーザー脱毛ではなく光脱毛が人気なのか?

光脱毛は、白色ランプの光を特殊なフィルターで波長を変えることで、脱毛処理していきます。レーザー脱毛は、一本の光線なのですが、光脱毛はフラッシュのようになるので、少し違います。また、光脱毛で使用する特殊な光線は、黒いものだけに反応します。そのため、毛だけに作用して毛根も焼いて処理できるので、毛根がなくなり、永久脱毛が可能になります。光脱毛で使用する光は3種類が主で、エステでは、フラッシュ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛があります。光脱毛のリットは、光をあてるだけで脱毛ができるところで、レーザー脱毛と比べて時間がかからないので人気があります。そして、毛根レベルからの処置が可能で、毛が短くても生えていなくても脱毛ができるので、レーザー脱毛よりも、最近では光脱毛が人気になっています。また、レーザー脱毛と比較して痛みが少ない点も人気の理由です。何より皮膚への負担が少ないので、今ではほとんどの人が光脱毛を利用しています。脱毛後の肌も、光脱毛なら、むき卵のようにツルツルになります。そうしたことが、レーザー脱毛より人気の高い理由です。

 

都度払い脱毛が名古屋でもできる